2012年07月14日

【緊急】九州北部豪雨災害支援プロジェクトの支援金にご協力下さい!

※「会計中間報告」をご覧ください。2012/08/28 update
※支援金の募集は終了しました。2012/07/31 update
※支援プロジェクト概要を追記しました。2012/07/19 update
※プロジェクト名称を変更しました。 2012/07/17 update

〈 はじめに 〉

7月、記録的な大雨による被害を受け、今もなお、被害の拡がる九州北部。

宮古市の復興のために、地元の若者を中心に立ち上げた団体であるM.A.Dには、
設立当時から九州出身のスタッフ、早川がいる。

東北の現状を知って、宮古にやってきた彼。
九州の現状を知って、ひとこと。

「行ってきてもいいですか」

7月13日に、M.A.D設立から1年が経過。
設立時に語り合った、団体の将来像のひとつ。

「どこかで災害があった時には、駆けつけられる団体になりたいね」

九州地区から宮古市への災害ボランティアの数は、100名を超える。

たくさんのボランティアに支えられ、着実に復興への歩みを進めている宮古市。
今までの支援の感謝とともに、九州の現状を知った今、できる支援を返したい。

「いてもたってもいられない」

災害を目の前に、泥かきを行なってきたからこそ。

やろう、一緒に。想いは、距離を超える。

宮古市のみなさんの、想いの力を貸して下さい。

2012年7月14日 宮古災害復興支援活動チーム M.A.D 事務局長 金野 侑

〈 現状とお願い 〉

M.A.Dは宮古市社会福祉協議会と、
生活復興支援センターを協働で運営しています。

その宮古社協との協働のひとつとして、
「九州北部豪雨災害支援プロジェクト」を行います。

現地の情報収集や支援についての協議を行ない、
現地のニーズにあわせ、調整の上、スタッフや物資を送る予定です。

そのために、支援金の寄付をお願い致します。

但し、現地のニーズによって支援金として活用できない場合、
義援金として取り扱わせていただきます。

〈 支援プロジェクト概要 〉

・支援金を集めます。支援金として活用できない場合、義援金とします。

・土地勘のあるスタッフを九州北部に派遣し、支援に必要な情報を集めます。

・ボランティアとして、支援活動にあたります。

・必要に応じて、現地災害ボランティアセンターのサポートにあたります。

・現地の支援活動の情報を元に、宮古から物資支援を検討します。

・義援金を送るための情報を集め、支援金を元に、適切な人々へ義援金を送ります。

・その他、九州北部へ必要な支援を検討します。

〈 義援金と支援金の違い 〉

義援金は、主に直接被災者へ配分されるお金。
支援金は、主に災害支援の現場で活動する人を応援するお金。

〈 支援金寄付の詳細 〉

九州北部豪雨災害支援プロジェクト支援金 ※募集は終了しました。

受付期間:2012年7月14日から7月31日まで

目標金額:30万円

支援金使途:物資輸送費、交通費、滞在費、その他支援活動にかかる経費

【直接持ち込み】
宮古市総合福祉センター(宮古市小山田二丁目9-20 )
宮古市生活復興支援センター 担当:早川、金野

【銀行振込】
宮古災害復興支援活動チーム M.A.D 代表 千葉 智広
岩手銀行 宮古中央支店(店番041) 普通口座 口座番号2102940

●振込口座は、期間限定で九州北部豪雨災害支援プロジェクト支援金専用口座となります。
●振込手数料はご負担下さい。申し訳ありません。
●当寄付による税制上の優遇措置はありません。
●領収書が必要な方は、お問い合わせ下さい。


宮古災害復興支援活動チーム M.A.D
TEL:080-6026-2133(事務局)
madmiyako@gmail.com
担当:早川、金野
posted by M.A.D at 18:30| 岩手 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。