2012年07月25日

【九州より活動報告】宮古からの使者

八女市社協災害ボランティアセンター開設から、11日が経過しています。

これまでたくさんのボランティアさんが活動していますが、
まだまだ支援を必要としている人も多いです。

道路が寸断されている場所が多く、ニーズの掘り起しもままならない現状。

被災から2週間近く、連日の猛暑の中で家の片づけをしている市民のみなさんの体力は限界に近づいてきています。

道路など、インフラ設備の早期の復旧を願うばかりです。

それと並行して、困っている人の声をどうにかして拾い上げていく必要があるのではないかと感じています。



reDSCN1354.jpg

2日前、大阪出身のボランティアMさんが宮古市に帰りました。

僕が宮古市から福岡県に行くことを知り、福岡までの運転から手伝ってもらいました。

八女市に入り災害ボランティアセンターでは、常に現場に入って活動をしていただきました。

東北での経験(主に休憩を取ること)をこちらのボランティアさんに話したり、
一ボランティア目線でこそ気づくボラセン運営の課題について助言をしてもらったり。

その温和な性格で、こちらに集まるボランティアさんともすぐに打ち解け、仲間を増やしていました。

こうしてボランティアの輪がつながっていけばいいなぁと思います。

現地でのボランティアの人数不足や、経験を伝えることの重要さを感じ、
当初の予定よりも長く滞在して活動してくれました。

感謝です。


最後には「次は宮古で再会やな〜」と言い残し、去っていきました。

ありがとうございました!

そして、お疲れ様でした!

reDSCN1355.jpg



次に来たのは、この方!

M.A.D大棒さん!

reDSCN1376.jpg

ばっちりボランティア登録をして、10日間ほどの活動予定。

よろしくお願いします!!



早川
posted by M.A.D at 21:30| 岩手 ☁| Comment(1) | 九州北部豪雨災害支援プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水害でお金も失い貯蓄もなく大変困っています今は公民館で過ごして居ます良ければ少し支援して頂けませんか良ければ振り込みをお願いしますゆうちょ銀行普通預金番号 17440 05294521 もう死にたい福岡県八女市
Posted by 中村素直 at 2012年08月16日 15:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。